icon CONTEMPORARY PHOTO EXHIBITION Ⅱ 開催

開催概要

AXIS Galleryにてコンテンポラリーフォトに焦点を当てた50名の作家によるグループ展、「icon CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY」が開催されます。
コンテンポラリーアートにおける新しい写真表現の形を担う写真家達の作品をぜひご覧下さい。

icon CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY,” a group exhibition of 50 artists focusing on contemporary photography, will be held at AXIS Gallery. Please come and see the works of these photographers, who are the future of contemporary art.

主な出展作家

片山真理 / ヨシダナギ / 須藤絢乃 / 髙倉大輔 / 池谷友秀 / 栗棟美里
PHOTOGRAPHERHAL / 内倉真一郎 / 山元彩香 / 宮原夢画 / 菊地良太
ARISAK / 藤倉翼 / 古賀勇人 / 本間理恵子 / Hajime Kinoko / 薄井一議
殿村任香 / 鈴木のぞみ/ 七菜乃 / 横山隆平 /他(随時追加掲載)

GALLARY

AXISギャラリー
ギャラリー住所:港区六本木5-17-1 4F
料金:前売り ¥1,200 / 当日 ¥1,500
AXISギャラリーWEB

開催日時

9.16(金)12:00〜19:00
9.17(土)12:00〜22:00
9.18(日)12:00〜22:00
9.19(月)12:00〜17:00

STATEMENT

芸術の役割とは人間が人間らしく生きるためのもので、私たちの中に連帯意識をもたらすものでもある。昨今のコロナによる悲しい状況下で生活は制限され、疎外感や孤立感が高まり、連帯意識が薄まっている。それによって、心のよりどころを失い、ヒトとのふれあいを少なくしている。文化そのものを作り出している芸術家たちはその作品の発表の場を失っている。今回は写真芸術(コンテンポラリーフォト:海外に比べて商業規模は小さい)に焦点を当てている。従来の展示 方法に加えてAR等のバーチャル展示をし、コロナで外出を控えているヒトたちや遠隔地、海外の人たちが展示の鑑賞をできるようにする。事前にこの状況かで作家が何を感じ、どのように制作に結び付けているかとバイリンガルでネット上にグローバル発信し、市場自体の活性化も図りたい。

The role of culture and art is for human beings to live like human beings, and it can also create a sense of solidarity among us. The current Corona disaster has restricted our daily lives, increasing our sense of alienation and isolation, diminishing our sense of solidarity. And it’s causing people to lose their emotional anchor, and diluting human contact.
Artists, who are the bearers of culture, are losing opportunities to present their works. This year’s exhibition focused on photographic art – contemporary photography.
which is smaller scale in Japan compared with the one in other countries
In addition to conventional exhibition methods, we will use AR and other virtual exhibits so that people who are not able to go out in Corona, as well as people in remote areas and overseas, will be able to view the exhibits.
In advance of the exhibition, we would like to provide a bilingual, global online information service on what the artists feel under these circumstances and how they relate to their work, in order to revitalize the market itself.

詳細ページは近日OPENいたします。